企業価値の向上と相乗効果

コラム詳細

企業価値の向上と相乗効果

小田です。
 
 最近、事業承継や経営相談などで弊社にご相談頂くことが多いのですが、その中でも良くお話しに上がるケースとして、
「将来いずれかにM&Aや事業承継を検討するにあたり、事前に自社を譲渡しやすい状態にするには、何をすれば良いのか」
というものです。
 長年経営してこられると、図らずも株主が分散していることや、労働・就労規定など、会社運営上のルールが明文化・共有されず、業務慣習として長年続いている会社が多く見受けられます。
 容易に想像できると思いますが、そのような状態においてM&Aや事業承継を検討・協議する際には、譲受先(買い手)との間で、引継後の運営を想定した現行ルールの説明等に時間を要し、買い手としてはそれをM&Aのリスクと認識することで、売り手が期待するスタートが切れないことも多々あります。また、株主が分散している場合、特にその株主が社外にいる時などは、連絡がつかないばかりか、株式の真正保有者である証明もできず、買い手が難色を示すこともあります。
 そのようなケースでは、事前の株主確認・整理、就労・労働・給与規定等、社内のルール整理等を弊社グループで支援することが可能です。また、M&Aの過程では、脅威の認識と、弱みの補完が可能かも検証します。今後経営していく中で、現時点で課題となっているものを包括的に洗い出すことで、それらが、現状で解消できるのか(どのように)、その他の要素を受け(資本、人材、商材、情報、パートナー他)解決できるのかなど様々ではありますが、M&Aや事業承継後のイメージも(買い手も)沸きやすくなり、その作業効果は非常に高いと推測されます。
将来いずれ、M&Aをご検討される可能性があるとお考えの場合には、立ち止まって、会社の経営を棚卸し、現状の分析をされてはいかがでしょうか。