【米国スタートアップ】フル通信パケットを分析し、脅威を識別するサーバーセキュリティ会社

TRANBI

M&A案件情報:【米国スタートアップ】フル通信パケットを分析し、脅威を識別するサーバーセキュリティ会社

ID:S01199

登録日:2018-05-15

更新日:2018-07-11

ユーザー確認済

業種 IT・ソフトウェア
売上高 1,000万円以下 対象資産の運営に従事している人数 10人以下
譲渡希望価格 指定なし 売却希望期限
譲渡事業の所在地 海外 交渉希望範囲 法人
譲渡対象資産 その他・応相談 閲覧数 1669件
譲渡対象資産
(その他)
売上高 1,000万円以下
譲渡希望価格 指定なし
譲渡事業の所在地 海外
譲渡対象資産 その他・応相談
譲渡対象資産
(その他)
対象資産の運営に従事している人数 10人以下
売却希望期限
交渉希望範囲 法人
閲覧数 1669件

譲渡対象資産に係る財務データ

会計年度 2018 負債額 非公開
営業利益 非公開 総資産額 非公開
会計年度 2018
営業利益 非公開
負債額 非公開
総資産額 非公開

トランビ事務局コメント

ピックアップ案件コメント欄

ビジネスモデル

市場・販売方法 通信ごとに全ての通信データを分析し、疑わしいデータを特定するサーバーセキュリティ会社です。
現代社会では、ネットワーク上に日々億単位のデータパケットが通信されています。セキュリティ環境の不備により不正アクセス、ウイルス等の高度情報通信ネットワークにおける脅威が日々増えています。また、一般的なセキュリティ会社はセキュリティ上の弱みやマルウェアだけに注目し、すでに知っている脅威しか特定できません。
これらの問題に対して、当社は機械学習などの技術を利用し、通信ベースで全ての通信パケットを分析し、正常データの「基準」と比較することで疑わしいデータを検知します。
また、全ての分析結果と正常データの「基準」を可視化することで、顧客は本当の脅威データを認識することができます。

現在、当社は日本で新たな展開を図るため、日本国内においてIT企業やデータストレージ企業などの提携先、出資先を募集しています。
顧客 ネットワーク環境の安全性を重視する企業、レンタルサーバーを運営している企業、金融企業など
サービス 顧客の既存セキュリティ基盤に当社のソフトを導入することで、顧客の通信データが全て可視化され、疑わしいデータを特定することができます。
当社独自の技術より、ペイロードを含むフルパケットと関連データを分析し、分析した結果を可視化することができます。また、可視化されたデータをビッグデータストレージと分析パフォーマンスによって作られる正常なデータの「基準」と比較することで疑わしいデータを特定することができます。
強み ・高速なデータアクセスと行動分析技術を利用し、全てのパケットと関連データを分析することで企業は疑わしいデータを特定できます。
・教師あり/教師なし機械学習技術を利用し、ペイロードを含むフルパケットと関連データを分析することより、疑わしいデータを特定できます。
・アラートやイベントをルーチンに追加することで顧客の既存セキュリティ基盤と連携することが可能。それにより、顧客に確定的な結果を示すことで顧客が本当の脅威を特定できます。
提供方法
譲渡理由 その他
譲渡理由(補足)
補足情報 データサーベイランス技術の特許出願中

その他の案件情報

Tranbi以外にM&A専門家等を利用して事業の譲渡を検討していますか?
応募者への譲渡に際して何を最も重視しますか?
M&A案件の一番の魅力は何ですか? 知財・特許等の技術
M&A案件は他社への承継後も現状の売上を維持することができますか?
事業承継後も経営を続けたいですか?
今までに法令違反や業務改善命令等を受けたことはありますか?
今までに税務署等から悪質な税金対策及び滞納等により、重大な加算税等を課されたことはありますか?
貴社の株主や重要な取引先に反社会的な組織・人がいますか? いいえ
Tranbi以外にM&A専門家等を利用して事業の譲渡を検討していますか?
応募者への譲渡に際して何を最も重視しますか?
M&A案件の一番の魅力は何ですか? 知財・特許等の技術
M&A案件は他社への承継後も現状の売上を維持することができますか?
事業承継後も経営を続けたいですか?
今までに法令違反や業務改善命令等を受けたことはありますか?
今までに税務署等から悪質な税金対策及び滞納等により、重大な加算税等を課されたことはありますか?
貴社の株主や重要な取引先に反社会的な組織・人がいますか? いいえ

M&A専門家への相談希望項目

相談希望領域
その他

類似のM&A案件

案件名 業種 地域 売上高 登録日時