【米国スタートアップ】世界初 家庭用視力検査機器開発企業

TRANBI

M&A案件情報:【米国スタートアップ】世界初 家庭用視力検査機器開発企業

ID:S01329

登録日:2018-06-26

更新日:2018-07-11

ユーザー確認済

業種 その他の製造業,IT・ソフトウェア
売上高 1,000万円以下 対象資産の運営に従事している人数 20人以下
譲渡希望価格 指定なし 売却希望期限
譲渡事業の所在地 海外 交渉希望範囲 法人
譲渡対象資産 その他・応相談 閲覧数 1822件
譲渡対象資産
(その他)
売上高 1,000万円以下
譲渡希望価格 指定なし
譲渡事業の所在地 海外
譲渡対象資産 その他・応相談
譲渡対象資産
(その他)
対象資産の運営に従事している人数 20人以下
売却希望期限
交渉希望範囲 法人
閲覧数 1822件

譲渡対象資産に係る財務データ

会計年度 2017 負債額 非公開
営業利益 非公開 総資産額 非公開
会計年度 2017
営業利益 非公開
負債額 非公開
総資産額 非公開

トランビ事務局コメント

ピックアップ案件コメント欄

ビジネスモデル

市場・販売方法 最近子供の成績が落ちています!子供がよく目を擦っています!最近家族がよく頭痛になります!
こういったことは視力が悪くなっているせいかもしれません!
人間は、周囲から入ってくる情報の80%を目から得ています。目がはっきり見えないと生活や勉強の質が下がることはもちろん、頭痛や白内障、緑内障などの病気になるリスクも高まります。
2017年の文部科学省の調査では、日本の子供は全般的には年齢が上がるほど視力が低下し、視力が0.7を切ると眼鏡などの視力矯正が必要とされるとし、小学校では2割強、中学校では4割強、高校では半数ほどが該当すると報告されています。また現在、関東のある都市では小学6年生の男子の約50%、女子の70%が視力0.7以下の近視であるとも報告されています。
アメリカの調査では、ここ最近30年間、アメリカで近視になった人の数は倍増し、特に40歳以上の人の1/4 は視力に問題を抱えていると報告されています。2050年までには近視の人は世界人口の半分を占めるとも言われており視力問題は極めて深刻な問題になっています。

医療機関の研究によると目の成長期は6歳から25歳までと言われています。また視力が変化するには数ヶ月もかからないということが既に証明されています。しかし、今までは簡単に視力を測ったり、目の状態を調べたりすることができませんでした。視力変化の早期発見に対して年一回の健康診断での視力測定では足りません。
健康な歯を守るために毎日歯磨きしたり、健康を守るためにスマートウォッチなどの機器で心拍や血圧などを常時測定したりするように、目の健康状態を守る為に定期的な視力検査が必要です。
これらの問題を解決する為に、当社は世界で初めて、学校や家庭で簡単に視力を検査できる機器を開発いたしました。当社製品を利用し、いつでもどこでも気軽に家族の目の状態を測定することができます。
米国では既に眼科クリニックに導入された実績があります。
現在、日本で新たな展開を図るため、日本での販売代理、OEM先、投資先を募集しています。
顧客 一般家庭、学校、眼科クリニックなど
サービス 当社製品はスマートフォンを利用して目の状態を測る機器です。専用アプリをスマートフォンで開き、当社製品をスマートフォンに固定するたけで測定可能になります。
アプリの案内に従って、機器を通して携帯の画面を見るだけで目の状態を測ることができます。
独自の特許技術によって、目の状態を屈折度数、乱視度数、乱視軸数三つの数字で表示されます。測定したデータはクラウド上で保存されますので、いつでも確認可能です。
また、メガネが自分の視力に適しているかどうかを試す為に、メガネを着けたままで使用することも可能です。
当社は現在、子供向け製品と一般者向け製品を開発いたしました。(測定方法は同じです。)
子供向け製品(大人でも利用可能)は子供のために、専用アプリがゲーム化されています。
強み 利便性:いつでもどこでも簡単に目の状態を測ることができます。

正確性:眼科やメガネ屋と同じ屈折測定法を利用し、独自の特許技術で正確な屈折度数、乱視度数と乱視軸数を測定することができます。

複数ユーザーで利用可能:
一つの機器を家族全員で共用することが可能です。また、アプリで複数アカウントを作成することで家族全員がそれぞれのアカウントでデータを記録することができます。

データ保管:家族全員のデータをアカウント別にクラウド上で保管できます。簡単に家族の目の状態を確認できます。

楽しさ:
子供のために、アプリがゲーム化されています。遊びながら測定いたしますので、お子さんも楽しみながら利用することができます。
提供方法
譲渡理由 その他
譲渡理由(補足) 当社は日本で新たな展開を図るため、日本での販売代理店などのパートナーを募集しています。
補足情報 当社製品はアメリカでイノベーション賞など多数受賞した実績があります。

その他の案件情報

Tranbi以外にM&A専門家等を利用して事業の譲渡を検討していますか? いいえ
応募者への譲渡に際して何を最も重視しますか? 未回答
M&A案件の一番の魅力は何ですか? 知財・特許等の技術
M&A案件は他社への承継後も現状の売上を維持することができますか? 未回答
事業承継後も経営を続けたいですか? 未回答
今までに法令違反や業務改善命令等を受けたことはありますか? いいえ
今までに税務署等から悪質な税金対策及び滞納等により、重大な加算税等を課されたことはありますか? いいえ
貴社の株主や重要な取引先に反社会的な組織・人がいますか? いいえ
Tranbi以外にM&A専門家等を利用して事業の譲渡を検討していますか? いいえ
応募者への譲渡に際して何を最も重視しますか? 未回答
M&A案件の一番の魅力は何ですか? 知財・特許等の技術
M&A案件は他社への承継後も現状の売上を維持することができますか? 未回答
事業承継後も経営を続けたいですか? 未回答
今までに法令違反や業務改善命令等を受けたことはありますか? いいえ
今までに税務署等から悪質な税金対策及び滞納等により、重大な加算税等を課されたことはありますか? いいえ
貴社の株主や重要な取引先に反社会的な組織・人がいますか? いいえ

M&A専門家への相談希望項目

相談希望領域
その他

類似のM&A案件

案件名 業種 地域 売上高 登録日時