弁護士法人権藤・黒田・岸野法律事務所

弁護士法人権藤・黒田・岸野法律事務所

  • 対応分野
  • M&A相談,法務相談,会計・税務相談,労務相談,不動産相談,知財・特許相談,事業再生相談
  • 法人名
  • 弁護士法人権藤・黒田・岸野法律事務所
  • 住所
  • 〒105-6224
    東京都 港区愛宕2丁目 5番1号 愛宕グリーンヒルズMORIタワー24階
  • 担当者
当事務所の取扱事件は、商事・民事・特別法・渉外(中華圏)など多岐にわたり、いずれも十分な知識と経験を前提に対応することが可能です。
また、クライアント様のご希望または事件の規模や内容によっては、東京大阪の事務所を含め、複数の弁護士によるタイムリーな処理ができる体制を整えています。

各分野については、各種専門家(公認会計士、税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、土地家屋調査士、中小企業診断士)、中華圏律師等(特に上海と台湾)、経営コンサルタントなどと連携し、的確な対応を取れるようにしています。

下記事件は、これまで当事務所にご相談・ご依頼いただいた案件を踏まえて、当事務所が主として取り扱っている事件や業務分野を記載したものです。下記記載以外の事件も多数取り扱っておりますので、遠慮なくご相談ください。

◯ 商事関係
◯ 会社再生・事業再編関係
◯ 事業承継分野
◯ 一般民事分野
◯ 破産、債務整理事件
◯ 労働事件(主として使用者側ですが、労働者側事件も受任しております)
◯ 知的財産、情報処理関係
◯ 中華圏(中国大陸、台湾)に関する事件
◯ 家事事件
◯ 刑事事件
◯ その他

会社再生・事業再編関係

■ M&A(事業譲渡、会社分割、M&A等の事業再編)、法務デューデリジェンス
■ 民事再生申立事件(ゴルフ場、不動産管理会社、建設会社、商社、旅館、ホテル、運送会社等)
  ・事業収益力に比べて債務の負担等が過剰となっている債務者が、多数債務者の同意と裁判所の認可決定を得て過剰債務のカットを行い、事業の再建を行う法的整理です。
   従来の営業陣が営業権を失わずに手続きを行うことが出来ます。
■ 民事再生手続における担保権消滅請求事件及び価格決定請求事件
  ・別除権の目的財産が、再生債務者の事業の継続に不可欠のものであるときは、再生債務者等は、裁判所に対し、その財産の価額に相当する金銭を裁判所に納付して、
   その財産につき存在する全ての担保権を消滅させる許可の申立をすることができます(同法148条1項)
■ 民事再生手続における担保権実行中止命令申立事件
■ 会社私的整理(リスケジュール、特定調停等)

事業承継分野

■ 遺言書の作成による事業承継対策
■ 民事信託の組成による事業承継対策
■ 種類株式発行による事業承継対策
■ 上記手法による不動産や株式等承継財産に対する事業承継の総合法務コンサルタント

 
  • 設立年
  • 2010年3月
  • 役員紹介
  • 権藤 健一

    経歴
    昭和53年 大阪大学法学部 卒業
    昭和59年 司法試験合格
    昭和59年 最高裁判所司法修習生(第39期)
    昭和62年 弁護士登録(大阪弁護士会)
    昭和62年 笹川俊法律事務所 入所
    平成4年  笹川俊彦法律事務所退職・独立
    平成12年 権藤健一法律事務所 開設
    平成21年 権藤・黒田法律事務所 開設
    平成22年 法人化 弁護士法人権藤・黒田法律事務所 設立
    平成29年 東京オフィス開設

    職歴
    一般社団法人日本中小企業経営支援専門家協会(JPBM)理事
    株式会社中西製作所(東証二部上場) 監査役
    NPO法人 ネットワーク地球村 監事・顧問
    NPO法人 J・POSH 理事
    (平成29年5月現在)

    重点取扱分野
    ・会社法等企業法務全般
    ・民事再生・事業再生・破産等の倒産関係分野
    ・不動産取引、借地借家法関係分野
    ・建設・ジョイントベンチャー、建築関係分野
    ・相続・遺産分割、事業承継分野
    ・債権回収・離婚、交通事故等一般民事事件
    ・契約書等の作成を含む予防法学的分野
    ・管理信託・株式信託・受益者連続型信託等信託を利用した事業承継対策


    黒田 紘史

    経歴
    平成11年 一橋大学法学部 卒業
    平成16年 弁護士登録(修習期 57期)

    重点取扱分野
    ・企業法務(顧問業務、債権回収等)
    ・事業再生、M&A
    ・倒産処理(破産申立代理人、管財人等)
    ・不動産(建築瑕疵、賃貸借関係調整・相隣関係調整、不動産取引全般)
    ・民事・家事事件一般(相続・離婚など)
    ・その他


    岸野 祐樹

    経歴
    平成17年 同志社大学法学部 卒業
    平成20年 同志社大学法科大学院 終了
    平成20年 司法試験合格 最高裁判所司法修習生(62期)
    平成21年 大阪弁護士会登録 権藤・黒田法律事務所 入所
    平成21年 同志社大学法科大学院アカデミックアドバイザー(会社法ゼミを担当、2013年まで)
    平成25年 経営革新等支援機関認定(人事労務、M&A、事業承継等)
    平成27年 事業再生士補(日本事業再生士協会)登録 大阪産業創造館(専門相談委員)登録
    平成28年 錦天城律師事務所(上海市)及び大成台湾律師事務所(台北市)にて実務研修
    平成29年 パートナー就任(弁護士法人権藤・黒田・岸野法律事務所に名称変更)、第二東京弁護士会に登録換え
    平成29年 中小企業国際化支援アドバイザー(中小企業基盤整備機構)登録、O-BIC(大阪外国企業誘致センター)専門家登録

    重点取扱分野
    ・会社法(特に支配権争い、役員に対する損害賠償請求、株主総会等、複雑な交渉・法理論を要する案件)
    ・M&A(法務DD、株式譲渡、事業譲渡、会社分割等)
    ・商事取引(取引上のリスクヘッジ、訴訟等のトラブル解決、契約書作成等)
    ・労働法(使用者側:訴訟、審判、仮処分、斡旋、団体交渉、就業規則の作成等)
    ・不動産(売買・仲介・建築上のトラブル、信託取引等)
    ・事業承継(公認会計士、税理士と連携したプランニング、遺言書作成等)
    ・中国法務、台湾法務(投資、撤退、契約書作成、トラブル解決)
    ・ベンチャー支援(同世代経営者のビジネススピードに合わせた法的サポート)