事業の売り方

事業の売り方

M&A案件を登録することにより、買取り希望の方(買い手)から連絡を募ることが可能です。
具体的な流れは下記をご参照ください。

1

M&A案件登録

M&A案件を登録することにより、トランビ上にて即時に公開されます。
この時点で、トランビを訪れる全ての方から閲覧され、メッセージを受信できるようになります。
また、アラート機能を設定しているトランビユーザーの方には、新しい案件が登録されたことをお知らせするメールが配信されます。
M&A案件には、会社を特定できる会社名などは含まれませんので、匿名のまま案件を公開することができます。
案件を登録する前に、まずは自社の株式価値を確かめたい方はこちらのツールを利用すると便利です。
譲渡希望価格を設定する目安としてご利用ください。

2

質問・回答(匿名)

トランビ上にて公開されると、事業の買取りを希望する様々な方から閲覧されるようになります。
あなたの事業の買取りを希望する方からは、直接質問のメッセージが届きますので、そのメッセージに回答することでお互いを良く知ることができます。

このメッセージのやり取りはお互いに匿名のまま行います。

3

実名交渉の申請・承認

お互いの希望条件が合いそうな場合、実名交渉に移ることができます。実名交渉の申請は、売り手と買い手の両者から申請することが可能です。両者が秘密保持契約に同意した時点で実名交渉の開始となります。
※買い手から実名交渉を申請した場合のみ、売り手は実名交渉を承認する前に買い手の会社情報を確認することが可能です。(売り手から実名交渉を申請された場合は、買い手が実名交渉を承認した時点で買い手の会社情報が開示されます。)

4

連絡先の交換

ステップ3でコンタクトリクエストを承諾した場合、双方の会社名、電話番号等の連絡先がトランビよりそれぞれ相手側へ通知されます。
Tranbiにて行う作業は以上です。

5

直接連絡

トランビより送信された相手の連絡先に電話等でコンタクトし、まずは改めて秘密保持契約を書面にて締結しましょう。
その上で、お互いの経営方針や譲渡に対する考え方を確認し、最終的な事業売却の可能性について議論しましょう。
高額な事業M&A案件の場合、この後の契約をスムーズに成約させるために、地域の会計事務所や弁護士等にご相談頂くことをお勧めいたします。

6

M&A専門会社の活用検討(任意)

直接のコンタクトが難しい方は、トランビが推奨するM&A専門会社のご活用をご検討ください。
M&A専門会社選びでお悩みの方は、事務局までお気軽にご相談ください。
なお、M&A専門会社のご利用には、別途手数料が発生します。
手数料の料金体系は、M&A専門会社に直接お問合せください。

7

M&A成立

8

成功事例の報告・掲載

売り側のユーザー様は、成約日より1か月以内にM&Aが成約したことを事務局に報告し、またM&A成約事例を当サイトにてご紹介させていただくことで、一切の手数料がかかりません。
( 事務局への報告が1か月を超過した場合は、成約価額の3%をいただきます)