事業承継・M&Aの成功事例

トランビを介した成功事例

女性用アパレル雑貨の商品開発・卸売事業の事業譲渡 全店舗黒字 札幌の人気飲食店 食べログ3.6以上 放課後等デイサービス 自動車中古部品販売会社の100%株式譲渡 一般消費財のECサイトの運営権譲渡 インターネットサービスプロバイダ―事業の売却 機械・工具の輸入販売 札幌のマッサージ治療院 ペットワーカーさんとペットオーナーさんをつなぐWebサイト事業 オリジナルベビーギフトを中心としたECサイトの事業譲渡

女性用アパレル雑貨の商品開発・卸売事業の事業譲渡

事業引継ぎ支援センターさまからのご紹介でトランビを利用して、女性用アパレル雑貨の商品開発・卸売事業の事業譲渡を行われましたR様にお話を伺いました。

案件掲載企業
譲渡企業 女性用アパレル雑貨の商品開発・卸売事業の事業譲渡を行われたRさま(個人)
譲受企業 本件引き継ぎのために退職され、起業されたFさま(個人)

それでは、今回事業を譲渡されたRさまにお話をお伺い致します。 事業の概要、譲渡に至った経緯について教えてください。

事業内容は自社開発した女性用アパレル雑貨の意匠登録済みの商品の卸売・インターネット販売事業です。
意匠権を持つためライバル商品もない唯一の商品で、大手総合雑貨店等にも商流をもっているものの、一人で運営することによるリソースの限界もあり、成長に天井感を感じていました。その中で、より事業を発展させていける方や企業様に引きついで頂けるのであれば、事業譲渡も選択肢の一つとして考えるようになりました。

まず、トランビを知ったきっかけをお教え頂けますでしょうか?

事業譲渡やM&Aということ自体が初めてで、何もわからない状態だったので、まずは、インターネットで検索をかけました。
そこでヒットした上場している大手M&A仲介会社に実際に訪問するなどしましたが、規模や仲介手数料などの点で、とても折り合いませんでした
その中で東京都事業引継ぎ支援センターさまを見つけ、話を伺いに行ったところ、事業引継ぎ支援センターさまからトランビの紹介を受けました。

そういった流れでご登録頂いたのですね。ありがとうございます。登録後はどういう風に交渉を進めましたか?

当然、交渉も初めてだったので、トランビにあるユーザーズマニュアルを印刷して傍らにおいて、それに準ずる形で話を進めました。マニュアルは細かく記載もあり、助けられる部分は多かったです。
交渉の途中で、数値データなど、同じソースを元に返信を行うことも多かったので、定型文機能などが機能としてあるとトランビはより便利になると思いました。

最終的に30件超と、非常に多くの方から連絡が来たようですが、その中で今回の相手に決められたポイントはどういったところでしょうか?

お譲りする方の熱意ある姿勢ですね。この事業に惚れ込んで頂いたというか、初回の交渉から、この事業を引き継ぐ適任は自分しかいないという意気込みで、初めてお会いする時から逆にアピールを受けました。
さらに話を聞く中で、過去の職歴などから、この事業を伸ばしていく上での必要なリソースを持っていらっしゃる方だとお見受けしました。
また、買い手の方は今回の件で、勤めていた会社を退職され、新しく会社を作られてこの事業に専念されるということで、本気度が伝わり、事業がさらに伸びていくイメージも湧いたので、譲渡を決めました。
譲渡の金額感の数百万円については、当初の想定からすると大満足というわけではありませんが、現状の業績水準を考えると納得感のあるものだと思います。

その後、譲渡相手を決められたあとの、実際の譲渡実行に至るまではどのように進みましたか?

詳細な財務デューデリジェンス等はほとんどなく、トランビ上で匿名の交渉を開始してから引き継ぎ完了まで2ヶ月弱で話が進みました。お会いする回数も、引き継ぎを含めて合計3回程度と非常にスムーズでした。

今回ご事業を譲渡されましたが、現在トランビを利用している売り手の方のアドバイスをお願いいたします。

専門家同士が行うM&Aも一つの手法ですが、今回のような個人と個人がトランビを通して出会って進めていくM&Aの形も悪くなかったです。少なくとも自分にはそれが合っていたと思います。
手続き的なアドバイスとしては、事業譲渡の場合、会社自体を全て売却するわけではないので、在庫や取引先や契約関係などどこまでを譲渡するのかを決めておくのかは重要だと思います。特に、過去の取引先等、有名無実化している先などを引き継ぎの範囲に入れておくかどうかは譲渡をスムーズに進める上でも大切だと思いました。

掲載日:2017/11/29

全店舗黒字 札幌の人気飲食店 食べログ3.6以上

トランビを利用して事業譲渡をされたK様と譲受されたA様にお話を伺いました。

案件掲載企業
譲渡企業 札幌で飲食店を運営されているK様
譲受企業 関西で事業を運営されているS社代表のA様

Q1 まずは売り手のK様にお伺いいたします。今回の事業売却の経緯を教えてください。

まず、今回の事業は赤字事業というわけではないのですが、私が子供の頃から描いていた自社牧場を運営して自前のジンギスカンを提供するという夢を実現するためには、飲食業の借り入れの限界があるので、共にその夢を実現していけるパートナーを探しており、条件として「運営は継続して自分が行う」ことを土台としてパートナーを探そうと考えました。知人などを通じてパートナーを探したましたが残念ながら候補となる人も見つかりませんでした。そんな時にたまたま見たFacebookの広告を見てトランビさんを知り、利用した結果、理想的なビジネスパートナーに出会えました。

Q2 今回の5社からの買い手からの問い合わせの中から3件の実名交渉を行われたようですが、実名交渉に到るまでの御社の確認するポイントは何でしょうか?

大前提として他事業の方が好ましかったので同業者の方はお断りさせていただきました。
私共にとってはじめてのトランビの利用でしたので、実名交渉の承認のラインに関しては明確にラインを設けずに極力多くの方とお話をするスタンスで対応いたしました。交渉の中で見極めるポイントとしては、共に夢を実現する相手を探すことが目的だったので、私のプランに乗っていただける買い手を求めておりました。その他の細かい点で言うと話し方が傲慢な方やレスポンスが遅い方は除外させていただきました。

Q3 3社の実名交渉の中から最終的に1社に絞っての成約に至った要因は何でしょうか?

今回成約に至りました方に関しては先ほど述べさせていただいたポイントの
・レスポンスが早い
・同業者ではない
・ビジネスプランに賛同いただいた
これらの要求に合致したことに加えて更に大きかったのが、
・買い手である代表が交渉開始後、忙しい中すぐに札幌まで店舗を視察に来ていただいた熱意
・お話をしていて感じる代表の頭の回転の速さ!
・働いている従業員の対応が買い手の本社と同一水準になり、待遇アップにつながったこと
これらが大きな判断基準につながったことは間違いないですね。

Q4. なるほど、従業員の方の待遇アップは事業譲渡するにあたり気にされる経営者が多い中、安心してお任せできるポイントですね。今回の譲渡金額、金額決定の流れはどのように決められたのでしょうか?

事前にこちらの財務データを全て先方にお渡しをしまして、その数値から買い手から譲渡契約書・譲渡価格の提案を頂き、こちらで税理士・会計士の先生方と一緒に内容を確認し修正箇所などを返答し、最終的に合意に至りました。

Q5. 最後にトランビをご利用いただいたご感想をお願いいたします。

トランビ上で掲載されている多くの飲食店の案件を見ると閲覧数が多いなという印象があります。日本は飲食店の従業員の待遇がまだまだ低いのが実情だと思います。これを上げていくには飲食店同士のM&Aも含めての事業継続に重要ではないかと思います。

Q6. M&Aを経験してみての感想と、これからM&Aを考えている方に売り手様にアドバイスがあればお願いします。

「不安をもって経営するより自信をもって商売に専念し、経営は得意な方に任せる。」これですね。

Q7. 続きまして買い手のA様にお伺いいたします。今回札幌で飲食事業ということで、御社の事業とは地域も事業領域も異なる分野への投資になりますが、成約に至るまでの経緯を教えていただけますでしょうか?

はい、私どもは関西で工業系の事業を行なっておりますが、今回は弊社の新規事業として異業種の飲食の事業をもともと探しておりました。トランビさんはFacebookを利用していてたまたま広告を見つけたことがきっかけで登録をいたしました。

Q8. 売り手のK様にお伺いした中で印象的だったのが、A様がお忙しい中、実名交渉開始後、すぐに時間を作って札幌まで店舗の視察に来ていただいたこと、A様の頭の回転の速さにも驚いたこと、従業員の待遇が御社と同水準にしていただいた点が今回のご成約に大きく影響したとおっしゃっていました。

Kちゃんたら全くなにを冗談言っているのか(笑)頭の回転は決してそんなことはないのですが、早急な視察に伺わせていただいて点に関しては、弊社のM&Aに対するスピード感の表れだと思います。また直接お会いすることでお互いの人間性や相性という部分が明確にわかると思いますので、そこを知るという点でも視察に伺わせていただきました。今回のKさんの描いているプランを私たちも共に叶えさせていただきたい、そう感じたのが成約に至ったポイントだと思います。
従業員の待遇に関しましては、今回のケースに関わらず私共の過去のM&Aでも同様に対応させていただいております。同じ会社の一員だという意識を持ってもらえれば幸いですね。

Q9. すでに関係性が近い雰囲気がとても伝わりますね。事業譲渡の今後の流れについて教えていただいてもよろしいでしょうか?

はい、実はすでに牧場の件に関しては着手しておりますし、お店の運営に関してはこれからもこれまで通りKさんにお願いして弊社としては定期的に情報共有をしていくという形になります。

Q10. ありがとうございます。最後にA様と同じ買い手のみなさまにアドバイスがあればお願いいたします。

今回もそうですが、やはり人間性というのは判断材料として非常に重要だと思いますので、メッセージのやり取りにも誠意を持って対応することが大事だと思います。

A様、ありがとうございました。

掲載日:2017/10/23

放課後等デイサービス

トランビを利用して事業譲渡をされたM様と仲介されたT様にお話を伺いました。

案件掲載企業
譲渡企業 大阪で放課後等デイサービス他複数の事業を運営されるM様
譲受企業 大阪のM&A仲介事業を運営されるT様

Q1.事業を譲渡されたM様にお伺いします。事業の概要、事業の譲渡に至った経緯について教えてください。

今回譲渡に至った事業は運営開始後すでに3年経過しているのですが、弊社での運営している事業の選択と集中の結果こちらの事業を譲渡することに至りました。

Q2.トランビを知ったきっかけを教えてください。

M&Aを検討している際に、インターネット広告で知ってクリックしてみました。
サービスの内容を確認するために事前に電話で確認ををした上で登録をいたしました。

Q3.トランビでは現在平均では8社のお問い合わせがある中、今回17社と非常に多くのお問い合わせがあったようですが、交渉をする際の御社として買い手の判断はどのようにされていたのでしょうか?

ポイントとしては基本的には立地的に近い方をある程度優先して買い手の方と交渉をしていました。金額の交渉に関しては1度お会いしてお話をしたあとに提示をしていました。最初の提示金額を伝えたあとに買い手からのオファーをいただき、交渉を重ねました。金額で比較すると実は他に高い金額を提示していただいた買い手様もいたのですが、譲渡後の運営をお任せできると感じたので今回の買い手様に譲渡を決めました。

Q4.トランビをご利用になられた理由、お使い頂いた感想をお聞かせください。

はじめてこういったサービスを利用しましたので他のサービスとの比較はできないのですが、掲載したあとの問い合わせの数が多かったので、ある程度早く決まるのかなという感じはありました。普段仕事をしながらの返信なのでそこは大変ではありました。
数は多くは無いですが買い手の中には情報収集したいだけなのかなと感じられる問い合わせもあったので、そういった問い合わせの応対に時間を取られるケースも実際ありました。

Q5. M&Aを経験してみての感想と売り手の方に何かアドバイスをお願いします。

実際にトランビのサービスは使いやすいなという印象を持ちましたし、悩んでいるのであればまずは使って見ることをお勧めしますね。閲覧数を見ると数多くのユーザーが利用しているのがわかるのでまずは行動ですかね。

Q6. 続きまして買い手のT様にお伺いいたします。トランビを知ったきっかけを教えてください。

私どもはM&Aの仲介業の会社になるのですが、知り合いの会社とM&Aに関して情報交換をしていてその中でたまたま知ったのがきっかけで登録しました。サービス内容を確認したところしっかりした内容であったり、秘密保持契約の流れなどを見て安心して使えました。

Q7. これまで以外でトランビの様に御社独自のネットワーク以外でのM&Aのご経験はありますか?

仲介業者どうしの情報交換をして譲渡の契約に至ったことは過去何度もありますが、インターネットベースでの譲渡は今回が初めてのケースになります。過去別のM&Aのサイトで登録したけれども登録しただけで相手から返信がないなどの経験がありました。

Q8. 交渉のやりとりを拝見させていただきましたところ、案件公開2日後に売り手様に問い合わせをされてから大筋の合意契約にいたるまで1ヶ月半とスムーズに交渉がすすめられたように感じますが、御社で交渉にあたり注意されていた点はありますか?

特にはないのですが、もともと放課後等デイサービスを探していた中でトランビさんで売却案件が登録されたのですぐにクライアントに確認をし、売り手さんとコンタクトを取りました。こちらが仲介業者であることをまずお伝えし、早急なご面談をお願いしこちらのクライアントとのお話の場を設けさせていただきました。その後はトップ同士で交渉がスムーズに進んだことが成約に至った要因だと思います。

Q9. 今回17社からのお問い合わせがあったようですが、その中で御社が成約に至ったポイントは何かありますでしょうか?

事業譲渡後の運営プラン、従業員の待遇などの提示で売り手様の安心感を得られたのが大きいのではないかと思います。

Q10. M&Aをトランビで行った感想と他のユーザー様にアドバイスをお願いします。

メールのやりとりも不自由はなかったですし、レスポンスも悪くない。手数料の規約事項もわかりやすかったですね。買い手の立場からすると、譲渡金額が安い案件が多いのが他でじゃないので非常にありがたいですね。成約手数料も他と比較すると非常に安いので使いたくなるサービスだと思います。

アドバイスですか、、そうですね、強いて言えばレスポンスの速さが大事かなと思います。あとはネットでのやりとりですけれども、交渉を終了するにしてもきちんとお返事を出すことが大事だと思います。

ありがとうございました。

掲載日:2017/10/23

自動車中古部品販売会社の100%株式譲渡

トランビを利用して、M&Aを成約された譲渡企業側のアドバイザリーである税理士の先生にお話しをお伺いしました。

案件掲載企業
譲渡企業 中部地方の自動車中古部品販売会社
※税理士による案件登録、交渉代理
譲受企業 北陸地方の自動車部品販売会社
※税理士による交渉代理

今回、M&Aを進められた経緯を教えて下さい

今回の相談者である企業は中古の自動車部品を取り扱う販売会社でした。自動車部品業界は、市況環境が厳しい状態が続いており今回の譲渡企業である当社も、近年赤字に転落し、先々に不安を抱いておられました。私の元には当初事業縮小したうえで廃業のご相談に来られたのですが、長い社歴と積み上げた内部留保があるため、廃業よりはM&Aで第三者に譲渡することを検討することをおすすめしました。トランビという仕組みを使えば、手数料が無料で買い手を探せることから、まずはトランビで買い手を探し、もし買い手が出てこなければ廃業する、という順番で検討するようアドバイスしました。

結果、トランビでM&Aを成約いただきました。トランビをご利用になられた感想を教えてください

トランビに公開した直後から多くの買い手候補から連絡がありました。まずは期間を設け、買い手を複数募り、その後絞り込むという方法で効率よく買い手との交渉を進めることができました。今回、成約に至った先は、トランビを見た税理士の方からのご連絡でしたので、交渉も税理士である私と、相手側の税理士の先生との間の交渉となり、比較的スムーズに進めることができました。特に買い手を探すことは、税理士の通常業務をしながらでは難しいのですが、トランビであれば買い手を探す作業を大幅に削減できるので、このように廃業するしか選択肢がなかった企業も救えることができるので助かります。

廃業するよりM&Aすることのメリットはどんなところにあるのでしょうか?

まず、オーナーの手元に残る現金が違います。廃業すると、建物を壊したり、設備を廃棄したりするコストがかかります。廃業の各種手続きも必要ですから、行政書士の先生などの手数料も発生します。そして一番大きいのは税金です。大まかにいえば廃業時に入ってくる清算配当は総合課税として取り扱われるため、最高税率だと55%かかってしまいますが、M&Aで株式譲渡であれば20%程度になります。M&Aであれば事業の買い手との間で株式譲渡契約書を交わすのみですから手続きも簡単なのです。私の見立てでは、今回廃業していた場合はオーナーの手元に残るのは2、3千万円程度ですが、M&Aを選択することでオーナーの手元には1億円程度の現金が残ることになります。
また、当然ですが会社が存続することも大きなポイントです。従業員の雇用、顧客へのサービス継続など、みなが助かる。事業の買い手も、他エリアへの展開や、拡大による仕入れコストの削減など、M&Aによる大きなシナジーが見込まれますので、とても良い結果になったと思います。

専門家同士での交渉となりましたが、一般の方の利用についてはいかがお考えですか?

今回の案件を掲載したところ、一般の方からも多くのご連絡をいただきましたが、やり取りがタイムリーに返ってこないケースがあります。一般のオーナー様は、ご自身で事業を運営しながらM&Aの交渉を進めるという難しい状況が続きます。我々のような専門家であれば、経験もあり、交渉のポイントも把握しているので円滑に進めることができますが、一般のオーナー様が交渉を直接行う場合は、時間や知識が課題となると思います。まずは専門家の利用を検討し、手数料や立地の問題からどうしても自身で進める必要がある場合は、トランビ事務局や、我々のような専門家に相談しつつ進めるのが良いと感じます。

掲載日:2017/10/13

一般消費財のECサイトの運営権譲渡

トランビを利用して一般消費財のECサイトの運営権譲渡・譲受を行われましたK様と買い手のY様にお話を伺いました。

案件掲載企業
譲渡企業 海外商品の日本展開他、複数のご事業を展開されるB社さま
譲受企業 飲食店経営を行いながら事業多角化を志向されるS社さま

まず、事業を譲渡されたB社さまの代表であるAさまにお話をお伺いします。トランビを知ったきっかけをお教え頂けますでしょうか?

トランビは知り合い経由で紹介をしてもらいました。
紹介してもらった知人から使用感等を聞いていたため、登録等に特に不安等はなかったです。

事業の概要、事業の譲渡に至った経緯について教えてください。

事業はECサイトにおける一般消費財の販売です。
今回は事業譲渡に至った経緯は、自社内で同事業を担当していた社員がやめてしまったことと、自社の他の事業で成長可能性が感じられるものがあり、そちらに経営リソースを集中したかったということが挙げられます。

トランビに事業を登録されたところ、50件以上と非常に多くの方から連絡が来たようですが、想像はされていましたでしょうか。また、実際にやり取りをされてみていかがでしたか?

件数は想像以上でした。やり取りが大変な部分もあり、少し連絡が遅かった方等は対応しきれない部分もありましたが、限られた時間の中で売却を成約させたいと考えていたので、その時間の中でも多くの買手候補者を集うことができ、条件面を含め比較検討をすることができたのは良かったです。インターネットならではのことだと思います。

その多くの買い手の候補の方の中から、今回S社さまに決められたポイントはどういったところになりますでしょうか?

ポイントはスピード感と熱意です。
S社さまからは「事業を引き継ぎたい」という熱意を特に強く感じました。引き継いだ後に事業が頓挫してしまうような話は本望ではないので、譲渡後も熱意を持って事業を継続頂ける方にお譲りしたいと思いました。
また、スピード感を持って話をすすめるために、必要な資料等は事前にある程度準備をしていたので、それも奏功したように思います。

今回ご事業を譲渡されましたが、現在トランビを利用している売り手の方のアドバイスをお願いいたします。

ケース・バイ・ケースだと思いますが、こういったお話は売手も不安だが買手さんも不安だと思うので、話をすすめる中で買手さんの不安や疑問点などに真摯に向き合い解決していく姿勢が大切だと思います。

続きまして、事業の買い手であるS社代表であるSさまにお話をお伺いいたします。はじめに、会社を買おうと思ったきっかけを教えてください。

以前から退職後は独立して自分で事業を行いたいと考えていました。
それを見据えて飲食店等の経営をスタートしたものの、あまりうまく行っていない状況でした。他事業への事業展開を考えましたが、ゼロベースで新しい事業をスタートするのは難易度が高いとも思っておりましたので、今回M&Aを活用して、事業ラインナップの拡大を図りました。

トランビの中には様々な事業が登録されていると思いますが、今回、この案件に関心を持たれたポイントはどのあたりになるのでしょうか?

インターネット関連分野であり、成長可能性があることに魅力を感じました。
事業の話を聞く中で、自分でも真剣に取り組めば、将来的には今の2,3倍の売上利益の規模を目指せるだろうというイメージが湧いたので、前向きに話を進めました。

なるほど。成長性に魅力を感じられたわけですね。ご検討期間はわずか一ヶ月という短期間でしたが、期間中に注意されていたことはございますでしょうか?

メールや電話が来たらすぐ折り返すなど、すぐにレスポンスをすることを心がけました。
当初、提示した金額感などで他の方が良い条件なのだろうと思う部分もありましたが、真剣に事業を引き継ぎたいという思いを先方に伝えつつお話を続けたところ、結果的に自分のところに話が回ってくるようになりました。
検討という意味では、細かいところまでこだわり過ぎないことを意識しました。
普段の仕事は、数字を扱う仕事で、性分的に細かいところまで気になってしまうところがありますが、事業の規模もそこまで大きくない中で、あまり几帳面にやりすぎても仕方がない部分もあるので、一定程度資料を見た段階で、早期に決断しました。

検討はスピーディにされたとのことですが、成約後の事業の引き継ぎのご状況はいかがでしょうか。

ECサイトのアカウントや在庫などの引き継ぎをした後、ノウハウについても順次移転を行っていただいております
。はじめから全てうまく行くわけではありませんが、事業を譲渡されたAさまとも連絡を取り合っており、概ねスムーズにいっております。

今回トランビを通じて事業の譲り受けを行われましたが、今後はどうしていきたいと考えていらっしゃいますでしょうか?

事業の厚みを増していく意味でも、更に次の事業を買収したいと考えております。
トランビは最近特に掲載案件が増えているので驚いています。
トランビを通じて何社か実際にお会いする中で、案件の目利きも徐々にできるようになってきましたので、新しい事業も是非トランビを通じて探せればと考えております。

掲載日:2017/10/04

インターネットサービスプロバイダ―事業の売却

トランビを利用して事業譲渡をされたK様と買い手のY様にお話を伺いました。

案件掲載企業
譲渡企業 お一人で複数事業を運営しているK様
譲受企業 東京都のIT企業I社のY様

Q まず今回は売り手様のK様にお話をお伺いいたします。今回の案件の事業譲渡にいたるまでの経緯を教えていただけますでしょうか?

一番の理由は私の年齢ですね。70歳になりますのでこれを機に一旦リタイアして引退・・ではなく他のことにチャレンジしたいというのが理由です。この事業はインターネットが一般的になる前の1995年に始めたプロバイダー事業で、当時はまだ競合と言えるような企業がほとんどない状態でした。その後インターネットが加熱し始めて大手企業の参入が続々と始まりました。顧客数も最盛期の20分の1程度まで少なくなってしまいましたが、それでもずっと契約していただいているお客様がいらっしゃいますので、お客様のためにも廃業ではなく継続して運営していただける方を探そうと今回の事業譲渡に至りました。

Q K様がトランビをお知りになったきっかけを教えてください。

紹介です。東京都には東京都事業引継ぎ支援センターというところがあるのですが、こちらに相談に行った際にトランビのサービスをご紹介いただいて初めて知りました。

Q 今回こちらの案件は掲載直後から多数の買い手様からお問い合わせがあり、その中で11社実名交渉(秘密保持契約)を結ばれて最終的に今回の買い手様とのご契約に至ったわけですが、数多くの買い手様から実名交渉、成約と相手を選ぶポイントはどんな点でしたでしょうか?

熱意、これですね。交渉はすべて当然ネット上でメッセージのやりとりを行うわけですが私は相手がこの事業をどれだけ欲しいと思っているかという熱意で選んで参りました。あとは事業の特性としてITというものを知っているかどうかが運営できるかの条件となるのでその点も譲渡先の条件として交渉をしました。

Q 今回の譲渡にあたり、今後のサポートはどのように行われる予定ですか?

譲渡にあたり、全顧客に通知をすでに完了しております。買い手さんはIT企業であり、運営の移行の必要な分(サーバーの移管作業など)はすでに終了しておりますが、その他何かあれば定期的にサポートはさせていただきます。

Q 今回長年続けてこられた事業を譲渡されたわけですが、現在トランビを利用している売り手の方のアドバイスをお願いいたします。

そうですね、売り手ではなく買い手に対してお伝えしたい点がありまして、それは売り手側は平行して複数の方と同時に交渉をしてることを理解してほしい、ということです。私もそうでしたが普段仕事をこなしながら数十社の方と交渉をしているわけです。返信が遅れることもあることを了承いただけると売り手側も安心して交渉を行えると思いますね。

K様、ありがとうございました。

Q  それでは続きまして買い手のM様にお伺いいたします。トランビを知ったきっかけを教えてください。

インターネットで“M&A”と検索した際にトランビさんを初めて知りました。今回M&Aは私どもにとっても初めての経験なのですが、ホームページを見ての第一印象は「インターフェースが見やすいなぁ」という印象でした。

Q 今回どのような事業を探されていたのでしょうか?

現在の業種と近いIT系の事業、その中でお通信系の事業をとくに探していました。事業譲渡により本業の拡大をするのが目的でした。

Q なるほど。同業のIT系で通信系ということでまさしく希望と合致した事業だと思うのですが、譲渡後の運営はいかがでしょうか?

そうですね、当初は運営の引き継ぎもすんなり行えると考えていたのですが、実際に蓋を開けてみると細かい部分で大変なこともありました。既存のお客様の支払い方法や決済にかかるコストなど想定していない部分がありましたね。ただそれ以外のことに関してはサポートもしてもらいながら順調に進めています。




Q 最後にトランビを利用してのご感想をお願いいたします。

トランビさんはやはり何と言っても相手と直接交渉ができる点が素晴らしいですね。交渉も間にだれも入らずできますので、スムーズに行えました。

ありがとうございました。

掲載日:2017/10/01

機械・工具の輸入販売

トランビを利用して事業譲渡をされたK様と買い手のF様にお話を伺いました。

案件掲載企業
譲渡企業 都内の多角運営事業S社代表のK様
譲受企業 株式会社A社代表のF様

Q まず今回は売り手様のK様にお話をお伺いいたします。今回の案件の事業譲渡にいたるまでの経緯を教えていただけますでしょうか?

今回は私自身が新しい事業にチャレンジしたいという思いがあったのですが、それに伴い30年以上続けているこの事業をどのようにするのかをまず検討しました。廃業、という選択肢もありましたが、これまで長年ご利用いただいているお客様にご迷惑をおかけすることに非常に抵抗がありまして、結果廃業をするのであれば引き継いていただける方がいらっしゃればお譲りしたいと思い事業譲渡をすることにしました。

Q K様がトランビをお知りになったきっかけを教えてください。

東京都事業引継ぎ支援センターに今回の事業譲渡について相談に伺った際に担当の方にトランビを紹介していただきました。事業サイズからトランビを利用すると買い手が見つかるのではないかと言われたのでさっそく調べてみて内容を確認し、会員登録と事業売却登録をしました。

Q 今回こちらの案件は掲載直後から多数の買い手様からお問い合わせがあり、その中で12社実名交渉(秘密保持契約)を結ばれて最終的に今回の買い手様とのご契約に至ったわけですが、数多くの買い手様から実名交渉、成約と相手を選ぶポイントはどんな点でしたでしょうか?

先ほども申し上げたように、今回の事業は大事なお客様に迷惑をかけたくないという思いが土台ですので、誰でもいいというわけではもちろんありませんでした。数多くの買い手の方にお声をかけていただきましたが結局はこの事業に対する思いがいかに伝わるかという熱意の部分で決めました。今回の成約に至った買い手様は多くの問い合わせの中でも(電話などのコミュニケーションでも)一番熱意、、というか勢いが強かったので最終的にゴリ押しのような感じで成約に至った感じですね。あ、もちろんいい意味ですよ(笑)

Q 今回の譲渡にあたり、今後のサポートはどのように行われる予定ですか?

今回の譲渡先の買い手さんは伺ったところWebショッピングの経験があるとのことなので運営に関しては問題はないと思いますが、商品となる旋盤に関しては素人なので、商品に関する点では一年間お助けをしていきます。

Q 今回長年続けてこられた事業を譲渡されたわけですが、現在トランビを利用している売り手の方のアドバイスをお願いいたします。

そうですね、売り手ではなく買い手に対してお伝えしたい点がありまして、それは売り手側は平行して複数の方と同時に交渉をしてることを理解してほしい、ということです。私もそうでしたが普段仕事をこなしながら数十社の方と交渉をしているわけです。返信が遅れることもあることを了承いただけると売り手側も安心して交渉を行えると思いますね。

K様、ありがとうございました。

Q  それでは続きまして買い手のF様にお伺いいたします。トランビを知ったきっかけを教えてください。

私はこれまでも一人で運営できる事業のM&Aを検討しておりまして、これまでは東京都事業引き継ぎ支援センターさんに定期的に伺って担当者にいい案件がないか聞いていたのですが、その中である日担当者にトランビさんの存在をお聞きしまして、掲載されている案件をいくつも見てみたのですが自分の求めている事業規模にあっている案件が多くあったのでこれはいいサービスだと思い登録したのがきっかけですね。

Q それは奇遇ですね、実は売り手様も同じ東京都事業引き継ぎ支援センターさんの紹介でした。何か不思議な縁を感じますね。

え?あーそうなんですか!事業の話だけできっかけまでは伺うことがなかったのでびっくりしました。それじゃぁ、トランビさん経由じゃなくて譲渡のお話ができたのかな?それなら手数料も払わなくても済んだのかな?冗談ですけどね(笑)実際譲渡していただいた規模の事業は支援センターさんでも扱えない規模だと思うので、トランビさんの存在は大きいですよね。自分はもともと投資金額を1年〜1年半で回収できる規模かつ自分一人で運営できるという規模で探しているので実は今も他にいくつも案件を平行して交渉しておりますよ。

Q 積極的にトランビをご活用いただきありがとうございます。実際にご利用いただく中でご覧いただいているトランビの案件はいかがでしょうか?

そうですね、買い手として注意して見ている点は「なぜこの事業を譲渡するのか?」という点ですね。おそらく売り手で赤字の経営者の方は譲渡理由が赤字である点を記載するのに抵抗がある方もいると思いますが、買い手目線からすると赤字であっても買い手が同じ事業の経験があれば挽回できるかもということで安く譲渡できるかも、と逆に興味・関心をもつこともあるので譲渡理由を隠さずにはっきりと記載していただきたいですね。

Q 貴重なアドバイスをいただきありがとうございました。最後にトランビを利用してのご感想をお願いいたします。

トランビさんは売り手と直接交渉ができるので、譲渡金額も手数料を含めて非常に抑えることができるのがありがたいですね。しかもよそのサービスと比較しても言い方は悪いですが、小さい案件も非常に多く掲載されているので自分としては検討したい案件がいっぱいあります。今後ともトランビさんには頑張っていただきどんどん新しい案件を紹介していただきたいですね、ぜひ頑張って大きくなってください!

ありがとうございました。

掲載日:2017/10/01

札幌のマッサージ治療院

トランビを利用して事業譲渡をされたK様と事業譲受されたH様にお話を伺いました。

案件掲載企業
譲渡企業 株式会社F社様
譲受企業 H様が代表を務められる複数社

事業を譲渡されたK様にお伺いいたします。事業の概要、事業の譲渡に至った経緯について教えてください。

今回売却した法人のほかにも飲食店、ソフトウェア開発会社などを経営しています。複数の分野に対して事業ポートフォリオを組むようなイメージで経営を行っており、分野ごとにいつでも会社を売れるように準備している中で、
今回は既存事業への注力と、海外の事業へ注力にするための資金を調達するために会社を譲渡しました。

トランビをご利用になられた理由、お使いいただいた感想をお聞かせください。

フェイスブック上でトランビの告知が流れてきたので登録をしました。
トランビのシステムや機能は必要最低限でわかりやすく、使いやすいシステムだと思います。

今回、最終的に4件からがご連絡があり、その中の3件の方と実名交渉をされていますが、最終的にH様に決められたポイントを教えてください。

お会いされた方は皆さん良い方で、問題のある方等はいらっしゃらなかったです。
金額は一つの目線ではあるものの、最も優先したのは時期です。
証券会社経由の話は検討期間が3,4ヶ月かかるといわれたのでお断りしました。
また、誠実感も判断ポイントの一つです。時期がマッチして、金額感が一定以上で、安心できる誠実な方という観点で今回H様に決めました。

M&A後についてお伺い致します。サービス移管はどのように行われましたか?また社員の方のリアクションはどのようなものでしたか?

サービスの移管は、現場はもともと自分抜きでも回るようになっていたので、大きな問題にはなりませんでした。社員への告知は数ヶ月前からしており、引き継ぎ後の待遇も現状維持との話を頂いていたので、社員の中から大きな混乱や不満はあがってきていません。今回の事業譲渡を通じて、海外に展開する体制整理ができたので良かったです。

それでは、続きまして、事業の買い手であるHさんにお伺いいたします。会社を買おうと思ったきっかけを教えてください。

会社を買おうと思ったのは、事業を多角化していきたいという思いからです。
トランビを知ったきっかけは、M&Aでの事業多角化を考えているという話を友人の公認会計士にしたところ、トランビのことを紹介してくれたことです。

今回、こちらの案件に興味を持たれた理由を教えていただけますか?

多角化経営をしていきたいという思いがあり、本業とは異なる事業分野の事業を探していました。幾つかの案件を拝見しましたが、ものを作る事業は新しく取り組むのにはハードルが高いと感じた部分もあり、今回のマッサージ事業に注目しました。
場所が本業の場所に近い札幌であったということもプラスに働きました。

交渉のやりとりを拝見させていただきましたところ、売り手様に問い合わせをされてから契約に至るまで一ヶ月前後と非常にスムーズに交渉が進められたように感じますが、御社で交渉にあたりポイントにされていた点はありますか?

売り手さまの意向として時期は重要視をされているようでしたので、その点は意識をしました。そのあたりの誠意が伝わったのではないかと思います。短い時間の中でも実際に店舗を見に行くなど、自分なりに調査を致しました。

トランビでM&Aを行った感想をお願いいたします。

資料面の精査が少々足りなかった点は次回への反省点としてありますが、実際に会社を買う経験は非常に学びが多かったです。これだけの期間でこれだけの学びがあった経験は最近ではなかったので、いい勉強になりました。
将来的にコンサルタントとしての活動をしていきたいとも考えており、その意味でもいい経験となりました。また、今回譲り受けた事業をを大きく発展していくことでコンサルタントとしての実績作りにも活用できればと考えております。

掲載日:2017/09/28

ペットワーカーさんとペットオーナーさんをつなぐWebサイト事業

トランビを利用して事業譲渡をされたT様と譲受されたM様にお話を伺いました。

案件掲載企業
譲渡企業 個人事業主H様
譲受企業 個人事業主M様

Q1. 売り手のT様にお伺いします。事業売却の経緯を教えてください。

もともとは私が犬を飼っておりまして、長毛種だったこともあり2ヶ月に1回の頻度でトリミングに通っておりました。トリミングサービスを受けていると他の飼い主さんと犬を見る機会も多くなるのですが、その中でも大型犬や老犬になるとなかなかトリミングをするために店舗に連れてくることが大変だなと感じていて、それならトリマーが自宅に来てくれるサービスはいいなと思い、実際に行動に移しました。

サービス自体は2016年の6月からスタートしまして、最初は2名でサイトを構築し、知人に運営をまかせてアドバイスをしながら進めてきたのですが、今後の事業の拡大案を検討した際に、アイディアをいくつも出したのですが、私どもは他の事業を運営している中で時間的制約があり実行できないことがわかりました。それであれば自分たちではなく実行できる他の方に譲渡をした方がいいのではと思い、今回トランビさんに掲載させていただきました。

Q2. トランビでは現在平均8〜10社買い手からの交渉数になりますが、今回の案件は13社という平均の1.5倍に近い問い合わせの中8社との実名交渉を行われたようですが、実名交渉に到るまでの御社の確認するポイントは何でしょうか?

売り手にとって買い手が適している買い手かと判断するのがやはり難しい部分ではありますので、実名交渉申請までのメッセージのやり取りの中で判断をすることが多くなります。たとえば今回のケースですと
・どういった仕事をしていて、どういうところに興味を持ったのか、譲渡が可能であればどのような伸ばし方をしたいのか。
ということをご提示いただける方は好ましいですよね。
逆に、質問(売上)されたのでを答えたが回答をしてこない方は当然対象から外れます。
あと今回は案件がトリミングなので、ペット関連の事業をやられている買い手さんから多くお問い合わせをいただきましたが、「放っておけば利益が出る事業」と思われている方が比較的多くいらっしゃいまして、残念ですがそういった事業ではないので対象から外させていただきました。

Q 3. 8社の実名交渉の中から最終的に1社に絞っての成約に至った要因は何でしょうか?

最終的に合意に至った買い手さんは個人の方です。お話をさせていただく中で買い手様ご自身も犬を飼っていらっしゃって、こういうサービスがあったらいいな、とビビッときたので競合も調べたがいなかったので興味を持たれたとのことでした。直接お会いしての人間性や相性の部分も言葉ではうまく表現できませんが判断基準の一つになりますね。

Q4. 譲渡金額、金額決定はどのように進められたのでしょうか?

そうですね、譲渡金額に関しては毎月の売り上げや利益などにのれん代を計算して決めました。金額よりもしっかり運営していただける方であればという部分の方が大きかったですが、金額を提示した時に、買い手さんから「本当にこの金額でいいんですか?」と何度も何度も確認されました。今思うと、もう少し高くても良かったのかな?冗談ですけどね。(笑)

Q5. 譲渡後のサービスの移管方法、サポート体制は?

サイトの移管作業になるので基本的にシンプルで、すでにサーバーとドメインの移管は完了済みです。譲渡後のサポートに関してはは契約上3ヶ月としていますが、ある程度軌道にあるまでサポートを継続していくと買い手さんと約束しており、現在も定期的に打ち合わせなどもしております。買い手さんがデザイン変更などスキルがないとのことで、デザインやデータの移管システム変更なども別途要望があれば行っています。

Q6. トランビをご利用いただいたご感想をお願いいたします。

実は以前にほかの譲渡のサイトを利用していたのですが、案件に対して問い合わせされる買い手の方の質が高いと感じますね。トランビさん全体的な譲渡金額も他クラベルト高く感じますし、それと何より直接のやりとりなのでクローズまでの期間が事情に短いのが非常に売り手とすると助かっています。(補足:こちらの案件は交渉開始からわずか1週間でご成約に)

Q7. M&Aを経験してみての感想と、これからM&Aを考えている方に売り手様にアドバイスがあればお願いします。

トランビさんでは非常に多くの買い手の方からお問い合わせがありますが、相手の懐具合を見ながらの対応を見極めることが大事だと感じます。交渉をするのは非常に労力と時間を要しますので無駄な時間を費やすのを避けるための相手の資金力もきちんと見分ける質問などを心がけることをお勧めいたします。

掲載日:2017/09/23

オリジナルベビーギフトを中心としたECサイトの事業譲渡

トランビを利用して事業譲渡をされたT様と譲受されたS様にお話を伺いました。

案件掲載企業
譲渡企業 多事業を運営される株式会社L社
譲受企業 株式会社D社

Q. 事業を譲渡されたM様にお伺いします。事業の概要、事業の譲渡に至った経緯について教えてください。

今回譲渡しましたベビーギフト事業はもともと2年前に別の会社から譲渡で引き受けた事業でして、私たちで運営し売上も上々に推移していましたが、その他にも私たちは様々な事業を平行して運営しておりましてその中で事業の整理・選択・集中を検討しました。その検討野中で今回の事業は順調に売上もありましたが人手がかかっている部分もあり事業の譲渡を決心しました。廃業という手段もありましたが、そうすることでこれまでご利用いただいてきたお客様に迷惑をかけてしまうので譲渡1本で進めることにいたしました。

Q. トランビを知られたきっかけを教えてください。

トランビさんを知ったきっかけはFacebookで表示されたバナー広告でした。事業譲渡に関して関心がありましたので、面白いなと思いサイトを拝見し案件数が多いなという印象ですぐに登録しました。日常的にチェックはしておりましたがそれは買い手として弊社の事業と相乗効果が期待できる事業がないかと思い利用していました。

Q. 今回17社からのお問い合わせがあり、その中で7社の実名交渉からご成約に至ったわけですが、御社の買い手を判断する基準やポイントを教えていただけますでしょうか?

そうですねぇ、、弊社としては当然事業譲渡が目的ではあったのですが、譲渡後も安心して運営をお任せできる方かどうかという点が最重要ポイントでした。先ほども申し上げましたように、こちらの事業自体は売上も上々に推移していましたので、お話をさせていただいた中で適した買い手でなければ慌てて売る必要もないと考えておりました。
今回譲渡させていただく買い手様は事業内容、老舗であること、この事業を運営することで買い手様の事業とも相乗効果がある相手にとっても有益性のある事業なのでお任せてしても安心だと予感したのが大きかったですね。先方のHPや事業なども拝見しましたし、既存事業と譲渡後の事業のプランも教えていただいたので安心感も得られました。

弊社これまでも事業売買の経験がありますのである程度のノウハウもありスピード感をもって交渉ができ田と思います。譲渡前・譲渡後の期限を事前に相手に提示し交渉が可能かどうかの事前確認もすることで買い手の選別もできました。スケジュールの確認後、こちらの希望譲渡価格を提示しあとは交渉を重ねて譲渡に至りました。

Q. トランビをご利用いただいたご感想をお願いいたします。

事業を譲渡するにあたりこれまで買い手側としてトランビを利用していたので使い勝手の良さを知っていましたので、譲渡をする際にもトランビを利用することにしました。トランビさんは掲載されている案件数も非常に多く、また同時に各案件の閲覧数が多いのはサイト売買に対する考え方がすばらいしいからだと思います。
実名交渉と秘密保持契約がセットになっている点や未読・既読の機能がわかりやすいのが特に素晴らしいですね。

Q. M&Aを経験してみての感想と、これからM&Aを考えている方にメッセージをお願いします。

M&Aというのは起業と比較すると事業を軌道に乗せるまでに必要な時間を買えるという利点があるので、ある程度収益性と本業との親和性があるものであれば有益だと思います。M&Aは今後も増えていくのでトランビのような使い勝手のいいサイトがあるとありがたいですね。

ありがとうございました。

Q. 続きまして買い手のS様にお伺いいたします。トランビを知られたきっかけを教えてください。

M&Aで事業を拡大しようかと検討している際に知人から「M&Aができるサイトがあるよ」と教えていただいたのがきっかけです。
これまでM&Aの経験がなかったのですが、非常にわかりやすいサイトになっていましたのですぐに登録しました。

Q. 交渉のやりとりを拝見させていただいたところ、案件登録当日の問い合わせから契約にいたるまで1週間強と非常にスムーズに交渉がすすめられたように感じますが、御社で交渉にあたり注意されていた点はありますか?

別の案件で交渉をしていたのですが最終的にがうまく話がまとまらず断念したのですが、ちょうどそのタイミングで知人からこちらの案件が掲載されているのを紹介教えていただき、すぐに交渉を開始いたしました。事業内容を拝見したところ同業種で、ECサイトということもありましたが何より売り手様からの的確な情報の開示がありましたので、運営をイメージした質問させていただいたのですが、売り手様も譲渡後のイメージが浮かんだのが良かったと言っていただいたのが要因かと思います。

Q. 実際にM&Aをトランビで行った感想をお願いします。

登録した当初から感じていたことではあるのですが、トランビさんの仕組みは画期的なマッチングサービスで、一般的に言われる大企業規模でのM&Aではないのが私共には身近に感じ取れた素晴らしいサービスだと感じました。

Q. 今後の事業運営に対しての意気込みをお願いいたします。

売り手様がこれまで運営されてこられた事業ですので、譲渡していただいた私たちもしっかりと引き継いでこの事業を拡大をするべくしっかりと責任をもってやっていきたいですね!

Q. トランビをご利用中の買い手ユーザー様に一言アドバイスがあればお願いします。

事業譲渡で重要なのは”縁”と”タイミング”だと思いますので、常に情報に敏感になっていることが大事なので情報はチェックすることをお勧めいたします!

S様、ありがとうございました。

掲載日:2017/09/22