2018-12-18 お知らせ

新生銀行との業務提携が決定

 弊社は、株式会社新生銀行(本店:東京都中央区、代表取締役社長:工藤英之、以下「新生銀行」)と、同行の事業承継支援サービスの顧客紹介に関する業務提携に至りましたのでお知らせ致します。

 新生銀行は、2015年7月に「事業承継金融部」を創設し、首都圏のオーナー系中堅・中小企業を対象に、事業承継問題から転廃業の悩みまで、オーナー企業に寄り添いながらご提案できる体制を整えています。特に、経営環境に恵まれないオーナー企業の承継に関する課題解決に、数々の実績を有しています。

弊社では、現在100社を超える金融機関及びM&A仲介会社と業務を提携していますが、今後も金融機関及びM&A仲介会社との提携を広げることで、M&Aによる事業承継の促進ほか、国内経済・地域活性化に寄与する全国的なネットワークの構築を目指してまいります。今後、新生銀行が「TRANBI」の全国ネットワークを活用することで、赤字企業でも一定の時価純資産価値のあるオーナー系中堅・中小企業に対し、事業承継・M&A支援サービスを拡大できるようになることが見込まれます。



業務提携の背景

近年、日本経済は、少子超高齢社会の影響もあり、経営者の高齢化、後継者育成・承継時期の後倒し、また自社株の承継に伴い発生する高額な税金負担等が一因となり、後継者不在問題が中堅・中小企業で徐々に顕在化しています。それに伴い、金融機関に求められる事業承継のニーズも多様化し、今後、持続的な地域経済の成長に向け、第三者への譲渡も含めた「事業承継」促進への対応が一段と求められています。

新生銀行は、市場の縮小などを背景に、後継者不在や第三者への売却による円滑な事業承継も難しいオーナー系の中堅・中小企業に対し、課題解決に向けた提案を行うことを特徴としています。また、新生銀行グループなどが出資する株式会社が管理運営を行う投資事業有限責任組合が、オーナー経営者から株式や貸付債権を買い取る方法で、経営改善・再生支援から転廃業、事業譲渡による事業承継などをお手伝いします。今般の「TRANBI」を通じた提携により、新生銀行にとっても、オーナー経営者に対し従来以上に幅広い提案ができることが期待されるため、本業務提携に至りました。



業務提携の内容

 新生銀行は、「TRANBI」の全国ネットワークを活用したオンラインM&Aを活用し、事業承継ニーズのある顧客企業を新たに開拓し、事業承継支援サービスを提供します。将来的には、事業承継先の捜索の目的に「TRANBI」を活用するなど、オンラインプラットフォームを双方向から活用することを予定しています。

「TRANBI」のユーザー数は、11月末時点で17,929社となっており、事業規模の大小に関わらず、全国から優良な承継先候補となる企業を提案することが可能になるとともに、「TRANBI」に掲載されている800件超のM&A案件を買い手企業に対して提案することで、企業にM&Aを活用した成長戦略の実現を支援していただけるものと考えています。



株式会社新生銀行(https://www.shinseibank.com/

【会社名】   株式会社新生銀行

【代表取締役社長】 工藤 英之

【設  立】   1952年12月

【事業内容】  銀行業:国内26本支店、4出張所を有する金融機関

 

お知らせ一覧に戻る