匿名の案件情報だけではお伝えしきれない事業の魅力や見えない売り手様の思いを取材しました。
事業の歴史や特徴、なぜ譲渡を考えているのか、どんな方への承継を望んでいるのかなどを買い手様に知っていただくことで、質の高い交渉の実現や引き継ぎ後のビジョンのイメージが可能になるはずです。

匿名の案件情報だけではお伝えしきれない事業の魅力や見えない売り手様の思いを取材しました。事業の歴史や特徴、なぜ譲渡を考えているのか、どんな方への承継を望んでいるのかなどを買い手様に知っていただくことで、質の高い交渉の実現や引き継ぎ後のビジョンのイメージが可能になるはずです。

  • 徳島県
  • アプリ
  • 占い
  • 早期売却希望

デジタル時代は、孤独の時代でもある。
人の悩みに寄り添う電話による鑑定事業は、
今こそ必要とされるビジネスです。

悩める心の道標になる仕事。
それは、時代を超えた価値を持つ。

人の世がある限り、人の数だけ悩みがある。
そして人には、
どこか駆け込める場所が必要なのです。
鑑定を通じて
そんな心の拠り所を提供することが、
19年間貫いてきた
ミーシャ・コーポレーションの生業です。
お客様の心と向き合い、直接声を聞き、
お一人お一人の幸せが叶うように、
「悩み」に寄り添う。
お客様が誰にも話せないような
内面をさらけだせるのは、
私たちが「人の心」を深く理解してきた証です。
コロナ禍を経て、これからの社会は
新しい不安と向き合う時代を迎えます。
その使命を、意欲ある次の世代に託したい。
デジタルの時代こそ、
人の心を包む力が必要なのです。
人の心と向き合えるあなたに、
未来を託したい。

人の心に寄り添って19年。
「悩み」を「幸せ」に変えてきた鑑定事業

鑑定士の先生。鑑定士は全員「祈願」を行う。祈願は鑑定料に含まれている。
人は誰しも心の深層に人には言えないような何らかの悩みを抱えているものです。そしてそれが幸せを妨げる要因になっています。約20年前、「人の心に深く寄り添う活動をしたい」との想いから占いや鑑定を学び、電話による鑑定事業を立ち上げました。最初の10年ほどの間は私自身も電話受付オペレーター(以下、オペレーター)も兼任しました。
当初1名でスタートした鑑定士は、今では30名以上に。さまざまなお客様の悩みに対応できる充実した鑑定士の体制が整っています。
相談は電話対応がメインで、一部メールでの鑑定も行っています。電話鑑定の流れは次の通りです。
1)オペレーターがフリーダイヤル受電後、鑑定士のスケジュールを確認。
2)鑑定士につながる電話番号をお客様にご案内。
3)電話相談スタート。基本鑑定料は20分間の料金で、20分を超えると料金が加算。
4)お客様は前払い、または後払いで鑑定料と通話料をクレジットカードか銀行振込で支払い。
事業の9割が電話・メールによる鑑定、残りの1割はお客様のご要望で始めた数珠、お札、ペンダント等のグッズ販売となっています。

人には言えない人間関係の悩み。
「祈願」で幸せを切り開く。

お客様の男女比は1:9。個人の方から経営者、芸能界など幅広く、年齢層は40代以上の割合が高くなっています。悩みの大多数は、やはり人間関係に起因するものです。パートナーの不倫、近親者やご自身の病気、仕事上の人間関係などです。人に言えないつらさを誰かに聞いてほしいという思いがあるのでしょう。電話による相談は、対面やリモートなど、直接に顔を見ながらではないからこそ、心の垣根を下げ、内面を打ち明けやすいという効果があります。
当社の鑑定の強みは「祈願」です。鑑定士はまず、お客様の過去や現在、未来を「鑑定」します。当然ながら、お客様の未来が厳しいとの鑑定結果が出ることもあります。鑑定の後、お客様の問題解決や願い事を成就へ導くパワーを送ります。これが「祈願」です。
「祈願」により、お客様の問題が解決された実例を私は何件も見てきました。お客様から「おかげさまで、今はとっても幸せです」「先生のお話しを聞いてから前向きになりました」といった報告が入ることが、この事業の最大の喜びです。
また、悩みが解決したお客様は、「同じ鑑定士に別の悩みを相談したい」とリピートされる傾向が強く見られます。

Well-Beingの時代に広がる可能性。
スマホなどの活用で新しい事業展開と成長を。

設立から19年、経営者として走り続けてきました。一方で、気力の衰えを感じ始めているのも事実です。経営者の気力は事業に直結すると思い、我が子のように大切に育てた当社をお譲りしようと決意しました。
人の心に寄り添う熱意があり、鑑定に興味のある方を望みます。きっと、ご自身のアイデアを実現するおもしろさを体感していただけるはずです。会社を成長させるポイントとして、次の3点をご提案します。参考にしてくださると幸いです。
  • ◆SNSやアプリを駆使し、若年層と海外顧客を獲得

    若年層には、SNSやスマートフォンのアプリを活用されると良いでしょう。料金体系を見直し、例えば1分ごとに精算する、サブスクリプションを取り入れるなど、利用のハードルを下げるのも効果的です。
    英語に堪能な鑑定士がいるので、海外のお客様を開拓することも視野に入れてはいかがでしょうか。

  • ◆電話のシステム化とオペレーターの活用

    現在はアナログな電話対応をしていますが、電話のシステム化やテレワークを進めることで、お客様対応や鑑定士への取次がスムーズになると思います。
    オペレーターはお客様の電話を受ける窓口です。優秀なオペレーターはお客様となじみになることも多く、リピート率に貢献します。

  • ◆広告とDM

    新規開拓のために、『anan』『週刊女性』などの女性誌を中心に広告を出したことがあり、反応は上々でした。既存のお客様にはDMやメルマガを送っています。

スマートフォンを1人1台持つ時代、お客様は好きな場所から好きな時間に電話で悩みを相談できます。街で見かける対面型の鑑定と違い、お客様は鑑定に出向く時間や労力が不要で、新型コロナウイルス感染症への心配もありません。

世の中はますます複雑化しており、悩みを抱える人は大勢いらっしゃいます。とくにこれからの先の見えない時代は、悩みといかに向き合うかが、よりよく生きるためのスキルのひとつとなるでしょう。当社はそのスキルを社会に提供していると考えております。
人を内面から幸せにする事業の未来を、あなたの熱意に託したいと思っています。

▲Top